鷹山の粽作りと二階囃子

<ちまきづくり>
 鷹山の粽作りの様子がKBS京都TVの京都新聞ニュースで放映されました。御町内の方や囃子方とそのご家族、併せて50人ぐらいが宵々山と宵山で授与する粽を作っておられました。粽作りの場所は京都医健(三条通室町西入)の教室でした。会所の床に座り込んで粽作りをしなければならない山鉾町も多いのに、教室の机の上で粽が作れるのはありがたいかぎりです。
 去年までの居祭では町内に配る分の粽しかありませんでしたが、今年からは町外の人にも粽が授与されるようです。大船鉾が復興したときもそうでしたが、粽の本数が少ないそうですので、早い時間に粽が無くなってしまうかも知れません。

<二階囃子>
 鷹山の二階囃子も始まりました。場所は三条通室町西入の「すし善」さんです。三条通を歩いておられる方だけでなく、新町通や室町通を歩いておられる方もお囃子の音色にひかれるようにして集まってこられました。「鷹山」の提灯が鮮やかですが、先日、届いたばかりだそうです。中には車を停めて二階を見上げる方も。囃子方は35人もおられるそうで、去年に結成されたお囃子とは思えないほど見事でした。ご近所に住む98歳のおばあさんが「若い頃から鷹山のお囃子を聴きたいと思っていた。鷹山のお囃子を聴けて本当に良かった」と何回も言っておられたのが印象に残りました。
 今年(2015年)の二階囃子は、7月5日(日)~9日(木)の5日間だそうです。時間は19:30頃~21:30頃とのこと。

<7月10日 追記>
この日の写真を京都・日本茶専門店 創業安政元年ちきりやさんがアップしてくださいましたので引用させていただきます。

 ちまき作りの様子を取材するK社クルー
 二階囃子を取材するM社クルー

ちきりやさんはKBS京都とMBS Voiceの放送予定も書いてくださっています。詳しくは、ちきりやさんのこの記事へ。

京都の祇園祭の期間中はキュウリを食べてはいけないの?

 八坂神社の御紋、祇園木瓜(ぎおんもっこう)はキュウリと形が似ているから、祇園祭の期間中はキュウリを食べてはいけないという人がいます。実際、博多祇園山笠のポータルサイトには山笠のタブー(禁忌)というページがあって、
祇園木瓜とキュウリ
http://www.hakata-yamakasa.net/img/page/knowledge/taboo-img02.jpg

胡瓜断ち(きゅうりだち)
ご神紋である木瓜(ぼけ)の花に似ている所から、ご神紋を口に入れることは畏れ多くも憚れると恐れ、氏子が食べることを遠慮した

と書いておられます。写真も博多山笠のポータルサイトからお借りしました。博多山笠の間はキュウリを食べるのは禁止されているそうです。
 では、京都ではどうなのでしょうか?先日、祇園祭の重要行事の主要人物で、江戸時代から続く八百屋の御当主とお話をする機会があったので思い切って尋ねてみました。
「祇園祭の間にキュウリを食べても良いのですか?」
「食べてはいけないというのは最近ひろまった話でしょ。夏のキュウリは美味しいですよ。最近でこそ色んな夏野菜がありますけど、昔なんてキュウリぐらいしか食べられる野菜は無かったのでは」とのお答え。祇園祭の期間中もお店にキュウリを置いておられるそうです。
 次に6月のある朝、八坂神社の社殿を掃除しておられた若い神職の方に単刀直入にお尋ねしました。
「祇園祭の間はキュウリは食べられないのですか?」
「まちの人の中にはキュウリをお食べにならない人もいると聞いています。料理に入っていたら食べないわけではありませんが、神社の御紋を思って下さるお気持ちを考えて、できるだけ食べないようにしています」と模範的なお答えで、キュウリを絶対に食べない訳ではないが、氏子の気持ちを考えて積極的には食べないというお話でした。
 同じ祇園祭で同じ御紋でありながら、博多祇園山笠ではキュウリは絶対的なタブーなのに対し、京都の祇園祭ではおおらかな対応をしておられるようです。

鷹山の提灯

京都新聞2015年7月2日付朝刊の第一面に鷹山の提灯が写真付きで紹介されました。
祇園祭の提灯作り追い込み 鉾町の夜を彩る
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20150702000166

 記事によると、提灯を作っておられるのは京都市下京区の奥川提灯店で、江戸中期から続く老舗。鷹山が二階囃子や居祭でお囃子を披露する時に使う飾り提灯40個を注文し、その仕上げにかかっている。他の提灯もあわせて7月20日までに約5千個の提灯を作るとのことでした。

<7月10日 追記>
 鷹山の二階囃子で早速この提灯が使われました。写真は、鷹山の御町内の京都・日本茶専門店 創業安政元年ちきりやさんのFacebookから引用させていただきました。

二階囃子で使われた鷹山の提灯

 提灯の左側に見える御紋は八坂神社の祇園木瓜、右側は同じく巴紋で祇園祭関係に共通の御紋ですが、中央の鴛鴦(えんおう;オシドリ)紋は、鷹の雌雄二羽をシンボライズした鷹山オリジナルの御紋です。