仁和3(887)年6月29日 在原行平の子、在原遠瞻震死@日本三代実録 

日本三代実録 巻五十

仁和三年六月廿九日辛未晦。太政大臣侍殿上、納言参議侍仗下。忽有雷大鳴。諸衛陣於殿前。賜太政大臣及諸公卿禄。諸府官人以下見参者、賜禄有差。
是日。右近衛少監正六位上在原朝臣遠瞻、在致仕中納言在原朝臣行平鴨河辺第、震死。遠瞻、是行平之子也。」於朱雀門前大祓如常。

壬申朔二日癸酉。夜地震。
———
鷹山の御町内では、遠瞻を「トオキモ」と呼びならわしてきましたが、林羅山とその息子鵞峰が著した「本朝通鑑」では「トヲミ」と振り仮名がついております。

在原行平は致仕中納言となっており既に退官しておられます。屋敷は鴨河のほとりにありました。遠瞻は震死、つまり雷に打たれて亡くなったと記録されています。

屋敷の中で雷に打たれて死ぬのはおかしいと思うのは私だけではないようで、水戸光圀が中心となってまとめた「大日本史」では「辛未晦、雷、右近衛将監在原遠瞻震死于陣」、つまり6月29日晦日は雷で、在原遠瞻は陣地で雷に打たれて亡くなったとしていますが、「于陣」の2文字を追加した根拠は不明です。

<文献>
日本三代実録 巻第五十 起元和三年正月尽仁和三年八月廿六日. 国史大系 第4巻 日本三代実録, 経済雑誌社, 1897年.
国立国会図書館デジタルコレクション

林恕(撰). 本朝通鑑 第5巻 第三十七 自仁和元年 至仁和三年. 国書刊行会, 1920年.
国立国会図書館デジタルコレクション

源光圀ほか(編). 大日本史 第4冊 巻30 本紀 光孝天皇. 吉川弘文館. 1900年.
国立国会図書館デジタルコレクション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です