国宝・狩野永徳筆「洛中洛外図屏風(上杉本)」が文化博物館に 2017年2月25日(土曜日)~

狩野永徳筆の国宝「洛中洛外図屏風 上杉本」(米沢市上杉博物館蔵)が京都に里帰りします。これには、祇園祭の長刀鉾、蟷螂山、四条傘鉾、函谷鉾、白楽天山、鶏鉾、岩戸山、舩鉾の8基の山鉾が描かれています。

京都文化博物館で2017年2月25日(土)から開催される「戦国時代展 -A CENTURY of DREAMS-」に狩野永徳筆の国宝「洛中洛外図屏風 上杉本」が展示されます。会期当初から3月12日(日)までの14日間は原本が、3月14日(火)から会期末の4月16日(日)までは複製が展示されます。会場にはデジタル複製もあり、タッチパネル操作で原寸大以上に拡大して見られます。月曜休館。ただし3月20日(月・祝)は開館で3月21日(火)が休館。

上杉本の景観年代について、今谷明(1988)は『京都・一五四七年』で上杉本に描かれた建造物が同時に存在する期間は天文16(1547)年だけであることを示しました(今谷1988,p.164; 今谷2003,p.239.)。制作年代について、黒田日出男(1996)は『謎解き洛中洛外図』(岩波新書)で『(謙信公)御書集』に「被贈屏風一双、画工狩野源四郎貞信入道永徳斎、永禄八年九月三日画之、花洛尽、被及書札」とあることを根拠に上杉本は永禄8(1565)年9月3日に完成したことを示しました(p.190)。この景観年代と制作年代については異論もあるので、河内将芳(2015)は『絵画史料が語る祇園祭』で「両本の制作年代については、戦国時代の下京を焼け野原にしたことで知られる天文五年(1536)におこった天文法華の乱をはさんで、歴博甲本がそれよりまえ、上杉本がそれよりあとと考えてよいと思われる(p.15)」と記しています。

いずれにせよ上杉本には、応仁文明の乱の後の1500年に祇園會が再興し、天文法華の乱(1536年)で都が荒れた後に復興した京都、天正18(1590)年の秀吉による「天正の地割」で大改造される前の京都が、「およそ2500人もの人物(米沢市上杉博物館)」とともに描かれています。

wiki_uesugi_r_p

wikiペディアに引用されていた図に加筆。青字は原図の説明を翻刻、赤字は筆者が加筆。クリックすると大きな画像が表示されます(1.6MB)。

祇園祭が大好きな方のための上杉本の鑑賞のツボは、次の三つだと思います。
<御神輿と山鉾>
鴨川を西へ渡ってくる神幸祭の御神輿。四条通を東へ進む前祭の長刀鉾、蟷螂山、傘鉾、函谷鉾、白楽天山、鶏鉾、岩戸山、舩鉾。
長刀鉾、函谷鉾、鶏鉾については鉾頭で判別できますし、蟷螂山、白楽天山、岩戸山については山の風流で判別できます。舩鉾は前祭の舩鉾でしょう。傘鉾は二つあるうちのどちらか見分けるのが難しいですが、河内将芳(2015)は『絵画史料が語る祇園祭』で

「傘の上花瓶に生の松」と『祇園会細記』で説明される「四条西洞院西ヘ入る町」の「傘鉾」(現在の四条傘鉾)と考えられよう。(p.102)

として、上杉本に描かれたのは四条傘鉾であると推定しています。また御神輿についても、

神輿のかたちをみてみると、先頭から六角形、四角形、八角形であり、おのおのの屋根のうえには鳳凰、葱華、鳳凰のかざりがみえるので、大宮、八王子、少将井の順ですすんでいたことがわかる。(p.51)

としています。
葱華(そうか)とは、神輿のてっぺんについているネギの花(ネギ坊主)のようなかざりです。2番目の神輿の形が四角形なのはわかるのですが、1番目と3番目が六角形なのか八角形なのかを見分けるの難しいです。しかし、デジタル複製で原寸大まで拡大すると、1番目の神輿の屋根は4面だけですが、3番目の神輿は4面の屋根の両脇にかすかに5面目、6面目の屋根が描かれているのがわかります。

御神輿が鴨川を渡る部分では、人間が渡る橋とは別に御神輿専用の橋が架けられています。最近、話題になっている鳥居は描かれていません。同じ洛中洛外図屏風でも天文法華の乱(1536年)以前に描かれたとされる歴博甲本では、四条通の鴨川の右岸に大きな鳥居があり、鳥居の下をくぐる神輿が描かれています。

秀吉による天正の地割で御旅所が四条寺町に移される前なのに、前祭が四条通~寺町通と巡行していた点も興味深いです。山鉾の祇園ばやしは、町内を出発するときはスローテンポの渡り囃子で、御旅所での奉納の後は軽快な戻り囃子になりますが、この上杉本が描かれた頃はどこでお囃子が変わっていたのか気になります。

この上杉本では前祭の様子だけが描かれているので、後祭で巡行する鷹山が描かれていないのが残念です。

<現在まで続く名所旧跡と地名~三条室町には法衣店>
名所旧跡や地名が屏風上に正しくプロットされ、その大部分が現在まで連綿と続いているのがわかります。例えば、文化博物館の住所は京都市中京区高倉通三条上ル東片町ですが、東片町は本来は曇華院(どんげいん)東片原町でした。つまり曇華院の東側にあったから「東かた町」、あるいは町の西半分がまるごと曇華院で家屋は東側の片方にしかなかったから「東片原町」なのです。その曇華院が上杉本には三条高倉に「どんけいとの」と説明書きをつけて描かれています。
「洛中絵図・洛外絵図」(部分、1.8MB)(国立国会図書館デジタルコレクション)より
他にも「へんけい(弁慶)石」、「くわぢやとの(冠者殿;今は四条の御旅所の西側、上杉本では四条寺町の東北角)」、「おうまん(大政)所」のように今でも同じ場所にあったり、「ぜんちやう(善長)寺」、「あくわうじ(悪王子)」、「たこやくし(蛸薬師;室町通二条下ル蛸薬師町)」のように寺院などが移転した後も公称町名として名前が残っていたりして興味は尽きません。

鷹山のある三條通の室町と西洞院の間では、黒や灰色の衣をまとった僧侶らしき人が四人、暖簾(のれん)がかかったお店をのぞいています。ここの町名は三條衣棚(ころものたな、ころもだな)町といい、名前のとおり法衣を扱う店(たな)が多かったようです。京都町屋ちおん舎「千吉商店の歴史」によると、この頃、三条室町の名門である千切屋(ちきりや)の初代与三右衞門貞喜(1533-1604)が三条通室町の北側で「金襴袈裟法衣等の裂地の仕立て販売」を始めています。上杉本でお坊さんたちがのぞきこんでいる法衣店も三條通の北側ですから、このお店は千切屋さんなのかもしれません。墨染の衣をまとったお坊さんにとって、金蘭袈裟法衣は憧れであったに違いありません。

また烏丸通三条上ル東側には米問屋が描かれています。祇園祭の鈴鹿山がある烏丸通三条上ル場之町は、もともとは「三条米場之町」と呼ばれていたそうです。それで、米の輸送上の難所であった鈴鹿峠の安全を守ってくださる鈴鹿権現(瀬織津姫尊)をご神体にしたといわれています。

<室町通を流れていた川と山鉾との関係>
二条殿(後の龍池(たついけ)小学校、今の京都国際マンガミュージアム付近)の龍躍(たつやく)池から南に流れ出て、御池通を西に流れ、さらに室町通を南に、四条室町で西に、そして西洞院通で西洞院川に合流する川が描かれています。

狩野永徳筆「洛中洛外図屏風・上杉本」(1565年頃)には、
龍躍池~(御池通)~室町御池~(室町通)~四条室町~(四条通)~西洞院四条~西洞院川
と流れる川が描かれているのです。室町通を流れる川は、天文法華の乱(1536年)以前の作とされる歴博甲本にも描かれています。

江戸時代の地図、例えば国立国会図書館デジタルコレクション「洛中絵図・洛外絵図」(1.8MB)を見ると西洞院通の川は残っていますが、室町通の川は消えてしまいます。しかし今でも雨の日に室町通を歩くと烏丸通や新町通の方向から室町通に雨水が流れているのがわかります。つまり室町通に川があった名残で、室町通は隣の通りよりも少し低くなっているのです。江戸時代は今のようにアスファルト舗装ではありませんから、雨が降ると室町通は他の通りよりもぬかるんだことでしょう。

国立国会図書館デジタルコレクションの「洛中絵図・洛外絵図」が描かれた年代は、18世紀前半だと考えられます。詳細は別記事で検討しています。

祇園祭は旧暦の6月、現在と同じく梅雨が明けるか明けないかの雨の多い時期に行われていました。雨の後でぬかるんだ室町通を大きな車輪のついた曳山や曳鉾が通るのは難しかったのでしょう。それゆえ、室町通をほんの少し通るだけでよい菊水は曳鉾ですが、それ以外の山伏、鯉、黒主、役行者は車輪がなくて人間がかつぐ舁山になったのではないでしょうか。新町通には曳山の観音山があるのに、室町通の川の流れていた区間(御池~四条)には菊水鉾以外の曳山、曳鉾がないのは、室町通がかつて川だった名残ではないでしょうか。

当初は
「新町通に曳山の観音山があるのに室町通に菊水鉾以外には曳山がない」
と記述しておりましたが、G-Watcherさんのご指摘を受け
「新町通には曳山の観音山があるのに、室町通の川の流れていた区間(御池~四条)には菊水鉾以外の曳山、曳鉾がない」
と書き換えました。

山鉾町付近では室町通が低くなっていて新町通が高くなっているのを地形図から示すために、山鉾町付近の地図に等高線を書き加えてみました。京都は全体的に南側が低くなっているのを前提にしてこの等高線を見ると、御池から四条にかけての室町通と西洞院通に明瞭な谷筋が、新町通にぼんやりした尾根筋が見つかります。

MuromachiContourMap(クリックすると大きく表示されます。)
この地図の等高線は1メートル間隔で、5メートル毎に太い線になっています。本図の作成にあたっては、Web等高線メーカー(埼玉大学教育学部人文地理学谷謙二研究室KTGIS)を使用しました。記して感謝いたします。

安土桃山時代の京の道路は、真中が高く「かまぼこ」型になっていました。ルイス・フロイス『日欧文化比較』(天正13(1586)年)には、

ヨーロッパでは水を流すために街路の中央部が低くなっている。日本では中央が高く、家々の側が低い。それに沿って水を流すためである。

との記述があります(京都市,1980,『資料京都の歴史4 市街・生業』,平凡社,pp.337-338.)。体重が数十kgの人間が歩く分には十分な排水設備だったのでしょうが、重さが数トンもある曳山を通すとなると事情が変わってくるのではないでしょうか。

ちなみに鷹山のある三條通には川がなく、観音山がある新町通と同じく水はけが良かったので、鷹山は大きな屋根のある立派な曳山にすることができたのでしょう。

<文献>
今谷明 1988, 『京都・一五四七年 ~描かれた中世都市』, 平凡社.(2003年に平凡社刊の別版あり)
岡見正雄・佐竹昭広 1983, 『標注洛中洛外屏風』, 岩波書店.
河内将芳 2015, 『絵画史料が語る祇園祭』, 淡交社.
黒田日出男 1996, 『謎解き洛中洛外図』, 岩波書店.
米沢上杉文化振興財団  2007, 『国宝 上杉本 洛中洛外図屏風』, 米沢市上杉博物館.