売り払われた鷹山の見送り(懸装品)は何処へ?

江戸時代には、祇園祭で使われなくなった懸装品を売り払うことがありました。その懸装品が近郊の亀岡や大津などの祭りで曳山を飾るのに使われたそうです。

さて三条衣棚町文書の中に
「祇園会神事当家式目」(三条衣棚町文書8117)
があります。表紙に鷹の羽が描かれた竪帖で、同志社の翻刻では年不詳となっていますが、総合資料館のデータベースでは文化6(1809)年となっています。
これは式目、つまりマニュアルで、最初の項目は
5月30日に「今年は私の家が当家(とうや;まつり当番)なのでよろしくお願いします」と町中に触れ回る。ただし羽織下袴着用のこと
となっています。行事日程の最後は
15日 山仕舞 云々
となっていて、その後に、
鷹山諸式預り主覚
という鷹山の懸装品を各家で預かったリストがあります。その中に

一 水引箱 壱  千切屋吉右衛門
 金地麒麟 四枚
 猩々緋縫 四枚
 白地大内桐 四枚
 紺地龍 壱枚  天保二卯年十月廿八日売拂 出入帳ニ入有之
 唐織菊 壱枚
  常掛天水引
(略)
一 見送り箱 壱 野沓屋吉兵衛
 横縫花鳥 壱枚 鳥飾弐本
 獅子   壱枚 
(略)
一 天水引 千切屋次兵衛
 猩々緋鳳凰
 朱八ツ足臺 三
 木綿日覆
(略)

この預かりリストの後に、当家(とうや;祭の当番の家)のリストがあり、文化6(1809)年から慶応3(1867)年までの当家が記録されています。

千切屋吉右衛門預かりの水引箱に入っている物で、4枚セットの懸装品は現在の言葉でいう天水引や中水引などで、1枚しかないのは見送りでしょう。紺地龍の見送りというと三島さんがお持ちの「鷹山の雛形」の見送りが連想されます。

紺地龍 壱枚  天保二卯年十月廿八日売拂 出入帳ニ入有之

天保2(1831)年に売り払われた鷹山の「紺地龍見送り」は、今もどこかのお祭りの屋台を飾っているのでしょうか?

%e9%a4%a8%e5%8f%a4531_08117_0046s

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です