[予告]八坂神社奉納囃子 鷹山保存会囃子方 2016年6月25日(土)

(公財)鷹山保存会の囃子方による八坂神社奉納囃子

日時: 2016年6月25日(土) 11:00~
場所: 八坂神社(京都市東山区祇園町北側625)境内
無料

鷹山の囃子方にとっては、初めての、いや鷹山が最後に巡行した文政9(1826)年以来、190年ぶり(?)の八坂神社での奉納囃子です。囃子方の喜びと緊張はひとしおだと思います。ぜひ、鷹山の囃子を聴きにおいで下さい。

<6月24日追記>
6月30日は夏越の祓ですので、舞殿の西側に茅の輪くぐりが設けられております。
八坂神社舞殿と茅の輪

<6月25日朝 追記>
お天気が心配でしたが、天気予報によると早朝は小雨が残るが、朝9時頃には雨は上がるとのこと。
鷹山の囃子方の熱意が祇園社の祖神様や鷹山の御神体に通じたのでしょう。

[予告]『これからの祇園祭~鷹山復興に向けて~』京都学園大学・京町家キャンパス公開講座 2016年6月10日(金)、24日(金)

講座概要 『これからの祇園祭~鷹山復興に向けて~』

主催:京都学園大学
共催:明倫自治連合会

<2016年6月10日(金) 18:30~20:00>
演題:「京都祇園祭の山鉾行事とユネスコ無形文化遺産」
演者:京都市歴史資料館担当係長 村上 忠喜氏
内容:今秋,祇園祭を含む全国33の行事が,ユネスコ無形文化遺産に登録される予定です。同制度の内容と変遷,そして国際化する環境への対応などについて考えたいと思います。

<2016年6月24日日(金) 18:30~20:00>
演題:「鷹山の復興に向けて」
演者:公益財団法人鷹山保存会理事 西村 吉右衛門氏
内容:祇園祭 鷹山の歴史と復興の今までの歩み 復興の工程と意義などをお話ししたいと思います。

どちらも要事前申込。詳細は、6月10日の分6月24日の分で。

京都学園
京都学園大学公開講座『これからの祇園祭~鷹山復興に向けて~』

2009年06月12日(金)
「祇園祭のよもやま話」~タペストリー・祇園囃子・焼山(休山)~
京都学園大学・京町家キャンパス「新柳居」市民講座
テーマ「鷹山について」
八田章 衣棚町鷹山保存会会長
京都学園大学・京町家キャンパス・新柳居(京都市中京区)