吉田孝次朗収蔵品展「都に届いた異国の風」2016年4月14日(木)~20日(水)

吉田孝次朗前祇園祭山鉾連合会理事長の無名舎収蔵品展「都に届いた異国の風 Part 2」を見せていただいてきました。

2016年4月11日付の朝日新聞夕刊では

  • 江戸時代に朝鮮から贈られた虎の毛皮
  • 町衆が19世紀のヨーロッパの更紗で作った下着

の2作品があがっていました。
虎の毛皮については、ご存知かとは思いますが、祇園祭の山鉾の懸装品として戦国時代頃から虎の毛皮がさかんに使われておりました。上杉本洛中洛外図屏風などにも描かれております。
更紗の下着といっても直接身に着ける下着ではなく、地味な上着の下に異国伝来の派手なテキスタイルを着こんでおいて、お座敷などでここぞというときに見せて楽しむ「下着」だったそうです。

鷹山は吉田理事長に本当にお世話になっております。吉田理事長は、天保2(1831)年「祇園會 太郎山人形寫生畫幅(写生画幅)」という鷹山の御神体の掛け軸を見つけてくださいました。掛け軸のタイトルが「太郎山」となっていたので一般の人は「祇園祭に太郎山なんてあった??」となったそうです。ところが吉田理事長は、鷹山の3体の御神体の一つの樽負様に人気があって「樽負山」と呼ばれることが多く、それがなまって「太郎山」となったいきさつを知っておられたので、躊躇なく「太郎山の御神体の掛け軸」を入手されたそうです。

1831(天保2)年の「祇園會 太郎山人形寫生畫幅」は、1830年8月19日(文政13年7月2日)の文政京都地震の1年後に描かれています。この頃には鷹山は既に休み山になっていましたが、文政京都地震では長刀鉾の土蔵が壊れたほどの被害がありました。それで鷹山もきっちりとした記録を残しておかなければならないという御町内の意図があって、御神体の緻密な記録が残されたのではないでしょうか。

1782(天明2)年6月までに今の御神体と御衣装が新調され、それが1831(天保2)年の「祇園會 太郎山人形寫生畫幅」の頃まで50年あまり受け継がれていったのでしょう。1864(元治元)年の禁門の変で御神体は助かりましたが御衣装は燃えてしまいました。吉田理事長が「祇園會 太郎山人形寫生畫幅」を見つけてくださらなければ、文字情報だけから御衣装を復元することになります。絵画資料の情報量は文字資料よりはるかに多いです。吉田理事長にはいくら感謝しても感謝しきれません。

しかし復原は簡単ではありません。ゼミの学生を連れて見学に来ておられた京都市芸大の吉田先生によると、当時のテキスタイルを復原しようと思っても、同じ糸を作る技術、同じ染料を作る技術、同じ方法で織る技術など様々な技術が今では失われていることもあるそうです。江戸時代の鷹山の衣装を復原するには、糸、染料、織り方などの技術そのものの復原から始めなければならない場面さえ出てきそうです。

京都芸術センターイベントスケジュールより
京都生活工芸館 無名舎収蔵品展「都に届いた異国の風」

吉田孝次朗前祇園祭山鉾連合会理事長の無名舎収蔵品展「都に届いた異国の風 Part 2」
会期: 2016年4月14日(木)から4月20日(水)まで 10:00~18:00
会場: 京都芸術センター(京都市中京区室町通蛸薬師下ル)
無料

ギャラリートーク 2016年4月17日(日) 14:30~15:30

吉田理事長はこの展覧会を見て「町衆の高度な教養を感じてほしい」とおっしゃっています。

4月16日(土)の午前中には、門川京都市長、馳文部科学大臣らも見学にお見えになったそうです。馳文科大臣は「町衆の高度な教養を感じて」くださったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です