[予告]鷹山が鴨川納涼床の床開きで御囃子奉納  2016年5月01日(日)17:00~

鴨川の納涼床は5月1日が床開きですが、今年(2016年)の「床開き」では鷹山の祇園囃子が「京料理 本家たん熊」さんで奉納されるそうです。鴨川の右岸(木屋町通側)を四条通から下がっていって、仏光寺通をすぎたあたりで「本家たん熊」さんから聞こえてくる御囃子を楽しんでいただけると思います。

去年までは5月1日に長刀鉾の囃子方が「幾松」さんで稽古始めをされるのが床開きでした。それが今年から鷹山の囃子方の担当に変わるのです。本当にすごいことだと思います。鷹山の囃子方は冬の間も月に3回のペースで稽古を積み重ねておられますので、きっと素晴らしいお囃子が聞けるはずです。

御囃子の時間は17:00から21:00まで1時間毎だそうです。詳しくは「たん熊」さんのFacebook記事「祇園祭 鷹山 京都鴨川納涼床 床開き お囃子奉納」等でご確認ください。

5月1日の夕方が楽しみです。天気予報は晴れ、降水確率は10%です。

<リンク集>
「京料理 本家たん熊」さんのFacebook

京都鴨川納涼床協同組合

2015年の床開き 「幾松」さんで長刀鉾の御囃子 (京都新聞 動画ライブラリ)

公益財団法人 鷹山保存会 公式ホームページ

<鷹山の公式ページ集>

公益財団法人 鷹山保存会 ホームページ: http://www.takayama.or.jp/

Facebookページ: http://www.facebook.com/giontakayama
ぜひ、いいね!!をお願いいたします。

Twitter: @giontakayamaを表示

Youtubeチャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UCaLZ0wr7i1Vedt3ptWnf8Nw
皆様、よろしければチャンネル登録にご協力ください。
100人集まれば、独自のアドレスを取得できます。
(youtubeで自分のアカウントにログインし、「チャンネル登録」という赤いボタンを押してください)

instagram: https://www.instagram.com/giontakayama/

公益財団法人鷹山保存会 Facebook(公開グループ): https://www.facebook.com/groups/379823762097070/

<山鉾連合会>

公益財団法人 祇園祭山鉾連合会: http://www.gionmatsuri.or.jp/

[予告]鴨川納涼床 2016年5月01日(日)~9月30日(金)

5月から鴨川の納涼床が始まります。

5月1日は床開きです。昨年までは「幾松」さんで長刀鉾の祇園囃子を聴くというのが床開きの定番でした。

2015年の床開き (京都新聞 動画ライブラリ)

毎年、納涼床を出しておられる老舗の料亭の若主人のお話によると、「鴨川の納涼床では隣の床との距離が近すぎるので歌舞音曲は禁止されています。でも唯一の例外が祇園祭の御囃子です」とのこと。

鴨川の右岸(木屋町側)を四条通から下がっていくと、仏光寺を下がったあたりで納涼床の組み立てが始まっていました。
鴨川 納涼床 組み立て準備中

この写真だと左の店は組み立て済み、右の店は鉄筋で常設、真ん中のお店がこれから組み立てるのでしょう。

鴨川の納涼床と祇園祭の山鉾の共通点は、毎年、組み立てて、毎年、解体することです。二つの起源は共通だという説を唱える方もおられます。山鉾は地面で組み立てますが、納涼床は川の上での組み立てですから、山鉾とは別の難しさもありそうです。

<2016年4月30日 追記>

明日から納涼床
明日から納涼床

4月30日に鴨川右岸(木屋町通側)を四条から下がっていくと、床がすっかり出来上がっていました。写真は仏光寺の公園のところから少し下がったあたりです。

ガス完備!
ガス完備!

床の台を木で組んでおられる店もあれば、鉄骨で組んでおられる店もあります。ひとつひとつの部材に「北中東」とか「中東」のように位置が書かれているのは祇園祭の山鉾と同じ。でも山鉾は縄がらみで組みますが、こちらはボルト締め。山鉾のように動かすわけではないので、ボルトでがっちりと固定するほうが安全なのでしょう。

左側のお店は木材で組んでいますが、よく見るとガス管が通っています。炭火よりはガスのほうが簡単そうです。川岸に回ってみると、納涼床のいろんな工夫が見えてきます。

京都鴨川納涼床協同組合

鷹山囃子方 Youtubeチャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UCaLZ0wr7i1Vedt3ptWnf8Nw