2015年4月27日付の神社新報「記者のことのは」で鷹山にエールをくださいました

神社新報「記者のことのは」で鷹山を紹介してくださり、熱いエールを贈ってくださいました。一部を引用させていただきます。

▼昨年の京都・八坂神社の祇園祭では、幕末の禁門の変での焼失により長らく登場しなかった「休み鉾」の大船鉾が、後祭りとともに復活した。
(略)
今回の復活は、京都だけでなく神社・神道の歴史にとっても、一つの節目であらう。
▼同市では、「休み山」である鷹山の復活の話も出てゐるやうだ。
(略)
大船鉾が都大路を巡行した様子を見た関係者にとっては、気運が昂まってゐる内に、と逸る気持ちはあらうが、さまざまな文字史料・絵画史料にあたっての着実な復元考証を期待したい。
▼鷹山は、最後の巡行参加から二百年となる十一年後の復活を目指してゐるといふ。昨年の祭では、囃子方が稽古を公開。着実に歩みを進めてゐる。復活した山が都大路を練り歩く様に思ひを馳せ、ここに陰ながら関係者ヘエールを贈りたい。(裕)

 おかげさまで、5月には一般財団法人鷹山保存会が設立され、5月31日には八坂神社にて設立奉告祭とお千度まいりをさせていただきました。今年の祇園祭では、八坂神社でお祓ひしていただいた粽などを授与させていただきます。囃子方は2014年に再興し、今年は宵々々山から宵山までの3日間、毎日二か所でお囃子を奏でさせていただきます。還幸祭では御神輿の御迎へ提灯をさせていただく予定です。壱年前には思ひもしなかった復興ぶりでございます。
 記事を書いてくださった(裕)様のおっしゃるやうに、はやる気持ちをおさへつつ、着実に復興を目指したいです。

歴史的仮名遣ひで文章を書くのは生まれて初めてです。間違ひがございましたら、ご指摘くだされば幸ひです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です