鷹山の粽作りと二階囃子

<ちまきづくり>
 鷹山の粽作りの様子がKBS京都TVの京都新聞ニュースで放映されました。御町内の方や囃子方とそのご家族、併せて50人ぐらいが宵々山と宵山で授与する粽を作っておられました。粽作りの場所は京都医健(三条通室町西入)の教室でした。会所の床に座り込んで粽作りをしなければならない山鉾町も多いのに、教室の机の上で粽が作れるのはありがたいかぎりです。
 去年までの居祭では町内に配る分の粽しかありませんでしたが、今年からは町外の人にも粽が授与されるようです。大船鉾が復興したときもそうでしたが、粽の本数が少ないそうですので、早い時間に粽が無くなってしまうかも知れません。

<二階囃子>
 鷹山の二階囃子も始まりました。場所は三条通室町西入の「すし善」さんです。三条通を歩いておられる方だけでなく、新町通や室町通を歩いておられる方もお囃子の音色にひかれるようにして集まってこられました。「鷹山」の提灯が鮮やかですが、先日、届いたばかりだそうです。中には車を停めて二階を見上げる方も。囃子方は35人もおられるそうで、去年に結成されたお囃子とは思えないほど見事でした。ご近所に住む98歳のおばあさんが「若い頃から鷹山のお囃子を聴きたいと思っていた。鷹山のお囃子を聴けて本当に良かった」と何回も言っておられたのが印象に残りました。
 今年(2015年)の二階囃子は、7月5日(日)~9日(木)の5日間だそうです。時間は19:30頃~21:30頃とのこと。

<7月10日 追記>
この日の写真を京都・日本茶専門店 創業安政元年ちきりやさんがアップしてくださいましたので引用させていただきます。

 ちまき作りの様子を取材するK社クルー
 二階囃子を取材するM社クルー

ちきりやさんはKBS京都とMBS Voiceの放送予定も書いてくださっています。詳しくは、ちきりやさんのこの記事へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です