鷹山の提灯

京都新聞2015年7月2日付朝刊の第一面に鷹山の提灯が写真付きで紹介されました。
祇園祭の提灯作り追い込み 鉾町の夜を彩る
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20150702000166

 記事によると、提灯を作っておられるのは京都市下京区の奥川提灯店で、江戸中期から続く老舗。鷹山が二階囃子や居祭でお囃子を披露する時に使う飾り提灯40個を注文し、その仕上げにかかっている。他の提灯もあわせて7月20日までに約5千個の提灯を作るとのことでした。

<7月10日 追記>
 鷹山の二階囃子で早速この提灯が使われました。写真は、鷹山の御町内の京都・日本茶専門店 創業安政元年ちきりやさんのFacebookから引用させていただきました。

二階囃子で使われた鷹山の提灯

 提灯の左側に見える御紋は八坂神社の祇園木瓜、右側は同じく巴紋で祇園祭関係に共通の御紋ですが、中央の鴛鴦(えんおう;オシドリ)紋は、鷹の雌雄二羽をシンボライズした鷹山オリジナルの御紋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です