お千度、鷹山お囃子披露、鷹山の粽(ちまき)

2015年5月31日(日)は鷹山の復興にとって記念すべき日になりました。

<御千度参り>
 まず午前9時半から八坂神社で「お千度参り」をさせていただきました。鷹山保存会のお千度参りは少なくとも数十年間ぶりだと思います。八坂神社の本殿の前に「一般財団法人鷹山保存会 設立奉告祭」という案内板を掛けてくださっているのがうれしかったです。参加者は鷹山保存会、鷹山囃子方、鷹山の歴史と未来を語る会の参加者、その他関係者など老若男女80名ぐらいで、皆様、正装をしておられました。中には紋付き羽織袴の方もおられました。祭主の禰宜(ねぎ)さんが詠んでくださった祝詞(のりと)をお聞きして復興への思いを新たに致しました。的確な祝詞を作ってくださった禰宜さんにあらためてお礼を申し上げます。最後に宮司さんからお言葉を頂戴しました。「一致団結して、こころをあわせて鷹山の復興に向かって進んでください」というお言葉が心にしみました。

<鷹山のお囃子披露>
 午後からは元明倫幼稚園の遊戯室で鷹山のお囃子の披露がありました。囃子方は30名以上で、祇園祭の山鉾の中でお囃子の練習回数は一番多いのではないかと自負しておられました。素人の耳には巡行に参加できるレベルに聞こえましたが、囃子方としてはまだまだ曲目が少ないとのことです。遊戯室は満席で、園庭でお囃子を聞いている方も大勢おられました。テレビや新聞各社の取材もありました。
続いて園庭でバーベキューパーティ。
 元明倫幼稚園は祇園祭山鉾連合会の事務局も入っている由緒正しき建物です。明倫自治連合会の活動の中心になっています。鷹山がある衣棚町が明倫学区にあるご縁で使わせていただきました。園庭には大きな藤が緑の木陰をつくっていて、とても涼しかったです。この藤は数年前には枯れる寸前でしたが、明倫学区内の大きな帯問屋の店の方が手入れしてくださって復活しました。今年も20房ほどの花が咲いたそうです。ありがたいことです。

<食べられる粽~祇園祭で販売する予定>
 バーベキューパーティの終わり頃に、今年の宵山で販売される予定の粽の見本が配られました。と申しましても、お飾りする粽ではなくて「食べられる粽」です。鷹山のご近所、三条通にある京和菓子の老舗が提供してくださいました。予想以上に参加者が多くて、女性と子どもの全員と男性のおえらいさん(?)の分しか数がありませんでした。私は食べられませんでしたので、味はわかりませんが、皆様、「美味しい、美味しい」と食べておられました。
 鷹山保存会では今年の宵々山や宵山に「お飾りする粽」などを一般の方にも授与する予定だそうです。鷹山はずっと居祭(いまつり)を続けてきましたが、これまで授与品は全くありませんでした。どんな授与品になるのか楽しみですね。

<追記>
この日の様子が京都新聞で紹介されました。
祇園祭「鷹山」、200年ぶり復活目指す 京都、保存会が発足
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20150601000017

江戸時代の鷹山のチマキは食べられるチマキでした。詳しくは別記事「祇園祭の粽~江戸時代は食べられるチマキだった」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です