「京(みやこ)を描く―洛中洛外図の時代―」@京都府文化博物館

2017年2月25日(土)から文化博物館で展示される狩野永徳筆の国宝「洛中洛外図屏風 上杉本」(米沢市上杉博物館蔵)については別記事を参照してください。
—-

会期 平成27年3月1日(日)~4月12日(日) *会期中展示替えあり
休館日 毎週月曜日
会場 京都文化博物館 4・3階特別展示室
開室時間 午前10時~午後6時まで 金曜日は午後7時30分まで(入室はそれぞれ閉室の30分前まで)
主催 京都府、京都文化博物館、国立歴史民俗博物館、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿、京都新聞

主な出品作品(予定)
・重要文化財 洛中洛外図屏風 歴博甲本(国立歴史民俗博物館蔵)
・重要文化財 洛中洛外図屏風 歴博乙本(国立歴史民俗博物館蔵)
・重要文化財 洛中洛外図屏風 舟木本(東京国立博物館蔵)
・狩野元信筆 月次風俗図扇面流屏風(光円寺蔵)
・狩野永徳筆 洛外名所遊楽図屏風(個人蔵)
・岩佐派 誓願寺門前図屏風(京都文化博物館蔵)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です