鷹山の居祭(いまつり)~祇園祭、後祭の宵々山と宵山

IMGN3894KCm鷹山の居祭~2014年は祇園祭後祭の宵々山と宵山(7月22日、23日)17:00~

鷹山は応仁の乱以前から巡行していた歴史のある山で、光孝天皇が仁和2(886)年12月14日に芹川に行幸された時にお供した中納言在原行平の鷹匠姿を模したものであると言い伝えられています。この鷹狩りの様子は伊勢物語の第114段にも活写されていて

翁(おきな)さび 人なとがめそ 狩衣 けふばかりとぞ 鶴(たづ)も鳴くなる

という行平さまの和歌も有名です。

お人形は、向かって左が鷹遣(たかつかい)中納言在原行平(ありわらゆきひら)卿、中央が樽負(たるおい)様、右が犬飼(いぬかい)様です。
特に人気があったのは、中央の樽負様で、手に持った粽(ちまき)を食べるカラクリ仕掛けだったそうです。そのため「樽負(たるおい)山」とか「太良(たろう)山」と呼ばれることもありました。

鷹山は、時代によって舁山(かきやま)だったり曳山(ひきやま)だったりしましたが、江戸時代の中期には屋根のついた大きな曳山になり、南北観音山や岩戸山のように囃子方が山に乗って祇園囃子を奏でておりました。

ところが鷹山は文政9(1826)年の巡行の時、大雨にあって破損したとされ、翌年から巡行に参加しなくなりました。その後は、町家(ちょういえ;町会所)で人形飾りだけを行う「居祭(いまつり)」を200年近く続けております。

現在の祇園祭には前祭、後祭あわせて33基の山鉾が出ておりますが、鷹山のようにお囃子とカラクリのある曳山は他にはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です