文政9(1826)年 鷹山が巡行中に大夕立にあって巡行を途中で止める

祇園祭山鉾連合会編(1968)『近世山鉾巡行志』の巻末の年表には、

文政九年(一八二六)
所司代松平周防守康任大雲院で前祭上覧。
後祭鷹山、四条東洞院で大夕立に遭い、装飾品濡れたため、この年限りで巡行不参加となる。

と書かれているのに、三条衣棚町文書『鷹山破損ニ付諸方掛合』(竪帳、文政07(1824)年5月~、三条衣棚町文書8122、同志社翻刻08-119)には

明レハ文政九年、然る處當神事十四日東洞院三條より(ゟ)大雨ニ而、山木柄切類人形とも破損致、容易ニ修復難出来相見へ候得共、先其侭例之通山仕舞取納メ遣申候 以上

と書かれています。

鷹山が巡行を中止した地点については、『近世山鉾巡行志』に従って四条東洞院とする文献が多いですが、御町内の記録である『鷹山破損ニ付諸方掛合』には「四条東洞院」ではなく「東洞院三条」と明記されています。

また鷹山が巡行を中止した理由についても『近世山鉾巡行志』が「大夕立に遭い、装飾品濡れたため」とするのに対し、『鷹山破損ニ付諸方掛合』では「大雨ニ而、山木柄切類人形とも破損致、容易ニ修復難出来相見へ候」となっています。

しかし、『鷹山破損ニ付諸方掛合』の「明レハ文政九年、然る處當神事十四日東洞院三條より大雨ニ而、山木柄切類人形とも破損致」という文は前後の文脈から外れていて、唐突な感じが否めません。東洞院三条で止まったのは事実でしょうが、その原因を「大雨ニ而、山木柄切類人形とも破損致」とするには無理があります。というのは、同じ『鷹山破損ニ付諸方掛合』の文政10(1827)年の項に、

文政十丁亥年五月ニ相成り、無程祇園會ニ近附候ニ付、山大破ニ付寄合致候得共、何分町分ニ構銀之大借有之候ニ付、容易ニ修復之術も無是候ニ付、先當年ハ山差出し不申候ニ相談治定致候ニ付、五月十八日ニ東御役所へ御届ニ罷出候次第

とあって、文政9年に「大雨ニ而、山木柄切類人形とも破損致」と書いたのに、文政10年で「山大破」とあるだけで人形については一切触れられていません。

文政9(1826)年に壊れたのは、鷹山の懸装品でしょうか、人形でしょうか、それとも山木柄切類なのでしょうか。

これについては、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です