明和7(1770)年 鷹山の御神体を納める箱が作られる

鷹山の御神体である鷹遣い様、犬つかい様、樽負い様の御三方の御首を収納する御首箱の箱書きに「入日記 明和七年庚寅年」とあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です