宝暦8(1758)年頃 預物・蔵入置物留帳 寸法図あり

宝暦08(1758)年頃 (寸法図)預物・蔵入置物留帳 館古531_08097

寄町之覚 寄町のリスト
拂米之覚 払い米(支出)のリスト
土蔵入置箱類覚  御首箱、衣装箱、見送り、水引、太鼓、鉦などのリスト
土蔵入置道具之覚 四本柱、舞台板、大貫、埒、もみこ等の道具類のリスト
山立松寸尺覚 松の寸法
山牛物寸尺 牛持ち(今は石持;山鉾の土台;シャーシ部分)の寸法
頭人之覚 1720(享保5)年から1812(文化9)年までの93年間の当人(当番)のリスト
寄町米代銀入 寄町が地之口米を米ではなく銀で代納した時のリスト

等が記載された14丁(28ページ)の横帳です。

江戸時代中期の鷹山の大きさや道具類がわかります。

長くなりますので、別の記事にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です