元慶6(882)年6月26日 在原行平が中納言に任命@日本三代実録

卷四十二元慶六年(八八二)六月廿六日丁酉》○廿六日丁酉。任左右相撲司。中納言從三位兼行左衞門督源朝臣能有、參議正四位下行皇太后宮大夫藤原朝臣國經、參議從四位上行左近衞中將藤原朝臣有實、正四位下行左兵衞督兼播磨權守源朝臣光、從四位上行左近衞中將兼備前守源朝臣興基、從四位下行左中辨兼木工頭藤原朝臣千乘、權左中辨兼左近衞少將藤原朝臣遠經、内藏權頭從五位上兼行讃岐介良岑朝臣晨直、左兵衞佐源朝臣湛、侍從源朝臣是忠、左衞門權佐藤原朝臣清瀬、左馬助安部朝臣三寅爲左司。

中納言從三位在原朝臣行平、

參議正四位下行行右兵衞督源朝臣冷、參議正四位下行右衞門督兼近江權守藤原朝臣諸葛、從四位下行侍從雅望王、正四位下行右近衞中將兼美濃守源朝臣直、從四位上守大藏卿源朝臣定有、從四位下行中務大輔源朝臣至、正五位下守右中辨兼行大学頭巨勢朝臣文雄、右近衞少將兼行備中守藤原朝臣清經、右衞門佐從五位上兼行讃岐權介平朝臣季式、右兵衞權佐藤原朝臣敏行、從五位下行右馬助藤原朝臣恒興、爲右司。是日。以一品行式部卿兼常陸太守諱〈光孝天皇〉親王、爲左相撲司別當、以三品行兵部卿本康親王、爲右相撲司別當、兩親王、殿庭奉勅拝舞而出。」山城國稻三千束・大和國稻三千束

<文献>
日本三代実録 巻第四十二 起元慶六年六月尽元慶六年十二月. 国史大系 第4巻 日本三代実録. 経済雑誌社, 1897年.
国立国会図書館デジタルコレクション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です