貞観11(869)年5月26日 貞観三陸地震@日本三代実録

貞観三陸地震が発生し、東北地方で大地震と大津波による大きな被害がでました。

日本三代実録 巻十六 貞観十一年五月

廿六日癸未、陸奧國地大震動、流光如晝隱映、頃之、人民叫呼、伏不能起、或屋仆壓死、或地裂埋殪、馬牛駭奔、或相昇踏、城郭倉庫、門櫓墻壁、頽落顛覆、不知其數、海口哮吼、聲似雷霆、驚濤涌潮、泝洄漲長、忽至城下、去海數千百里、浩々不辨其涯諸、原野道路、惣爲滄溟、乘船不遑、登山難及、溺死者千許、資産苗稼、殆無孑遺焉。

<文献>
日本三代実録 巻第十六 起貞観十一年正月尽貞観十一年十二月. 国史大系 第4巻 日本三代実録. 経済雑誌社, 1897年.
国立国会図書館デジタルコレクション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です